ミノキシジルについて

ミノキシジルは、もともとは血管拡張剤として使われていました。

主に高血圧の治療のためです。

しかし、それを使っていた人が副作用で体毛が濃くなったことから、薄毛治療に使われるようになりました。

高血圧の治療では、ミノキシジルは飲み薬として使っていましたが、薄毛治療では主に頭皮に塗布する育毛剤として使われています。

飲み薬のミノキシジルは、体全体に影響を及ぼしやすいので、あまり使われていません。

塗るタイプのものも、多少の副作用がありますので体調の変化には気をつけるようにしてください。

もちろん、ミノキシジルを使っても全く副作用が出ない人もいますし、必要以上に怖がることはありません。

医師の指示に従って、正しく使用すれば男性型脱毛症の治療には良い効果があるものなのです。

男性型脱毛症の治療では、フィナステリドという飲み薬とミノキシジルの塗布薬が使われます。

すぐに効果が出るものではありませんので、数ヶ月は使ってみる必要があります。

早い人では1ヶ月くらいで効果が出てくるようですが、効果の出方にも個人差がありますので、1ヶ月使って変化が無いからと言って諦めることはありません。

1ヶ月から3ヶ月と効果の出方には差があるものです。

また、早く効果が出て欲しいからと言って、1回量を勝手に増やして使う人がいますが、これは間違った使い方です。

医師の指示通りに使い、定期的に通院して医師に診てもらうようにします。

副作用がないか、などのチェックがありますので、もし気になることがあればその時に相談してみましょう。

※おすすめのミノキシジルの効果・使用法はこちらのサイトでも–>http://www.jabbanut.com/